ジャリ駐

日常の困ったを解決するブログです。購入品の使用感についても報告中!

カーライフ

何度もユーザー車検を受けて思ったこと。

投稿日:2014年10月20日 更新日:

ユーザー車検を約20年前からやっているジャリ駐だが、何十回も車検場で受検すると、大体何が良くて何が悪いのかが分かってくる。因みにジャリ駐のマイカーは何も改造を施していないフツーの大衆車です。改造車の合否のボーダーラインは分らないので悪しからずご了承下さい。車の状態は個々によって異なります。ユーザー車検の参考になればと思います。

inspection01

よくディーラーや整備工場で車検を依頼すると指摘してくるのが

  • オイル
  • オイルエレメント
  • エアフィルター
  • エアコンフィルター
  • バッテリー

これですわ・・・これらは全く車検に関係ない。あたかも車検に関係あるかのようにしつこく迫ってくるのでついつい交換依頼してしまう。これらは消耗品であって悪くなったら換えればいいのです。

タイミング的に車検毎に交換もアリだが、この対応にウンザリしたのがきっかけで「ユーザー車検で車検をする」という気持ちになったのです。ここ数年、受検者が増えてきたと感じるユーザー車検とはどんなものなんでしょう。

車検に必要なことはザックリ言うと走る、止まる、光る、と油漏れがない事です。少しずつ説明していきましょう。



「走る」つまりエンジンがかかって、動けばいいのです。なかなかエンジンがかからないトラックも車検に合格していました(笑)

「止まる」ブレーキパットの残りの厚さを自身で確認して欲しいですが、ドラムブレーキの場合は確認しにくいです。でも難しくないですよ。ドラムのブレーキはそんなに減らないですけどね。

何も見なくても車検に通るといえば通りますが、結局交換で済むものが修理になってしまいますから確認はして下さいね。

検査時の注意点はフットブレーキやサイドブレーキの検査時に、これらのブレーキの掛け方が甘かったり、ガツンと掛けて結果が×(不合格)になる人がいますが、始めはジワリ。最後は思いっきりかければ車検に通ります。思いっきりですよ。日頃のうっぷんがある方は大丈夫です。不満をブレーキに込めてロックする程かけて下さい。

「光る」は灯火類です。球切れは論外ですが、光軸検査ではボクもよく落っこちます。(笑)でもいいんです。直せばいいんです。車検場の近くにテスター屋とかボクの場合、自動車協会があるので有料で調整してもらって(約1000円)再検査を受けてます。2回までなら当日の検査料の追加はないのです。

あと運転席で光軸調節のできる車は普段対向車に迷惑かなと下の方に設定している人は検査では上の方に設定しましょう。ハイビームを検査しますのでそれ以外はガムテープで隠しましょう。それに不合格に備えて1ラウンド目(午前中の一回目)に受けるのがいいでしょう。
inspection02

〈2016年10月29日追記〉

9月にユーザー車検を受けてきましたが、ライトの検査がハイビームではなく、ロービームになっていました。納税証明書も必要なくなり、少しずつ変わるものなのですね。

納税証明書は車検場で支払いが確認できるまでタイムラグがあるので、車検日の直前で支払うことがないように注意して下さいね。

「油漏れ」がないことは重要です。オイル漏れはもちろん、オイル交換時に滴下するなどしてエンジン下部を汚してしまった場合は拭き取りましょう。パーツクリーナーで拭き取れば完璧です。不用意な疑念をもたれないようになんです。

平日に休みの人はいいのですが、ユーザー車検たるもの一発で合格したいものですから。下回り検査では車体全体が揺れるくらい、車両の下部を検査官が検査します。なのでガタつきがないように。それにゴム製のブーツが破れていないことも重要です。

ブッシュと言われるゴムはよく亀裂が入りますが、まず車検に通りますが、亀裂が深い場合は微妙です。ブーツは中が見えていたりグリスがにじんでいたら車検に通りません。ガタつきは普段運転していれば異変に気付くのではないかと思います。

inspection03
車検場で指摘されているのを見掛けるのは、ヘッドレストの不備と運転席、助手席のフィルムの貼り付けです。見落としやすいものとして発煙筒の有効期限です。今まで一度も有効期限を確認された事はないですが、期限の過ぎたものは不可です。ボクは期限のないLEDのタイプを使っています。

あと、リアワイパーも盲点ですね。あまりボクの場合使わないし後ろにありますからね。二股になっているのを見かけます。車検の前に交換しておいたら確実です。
inspection04
仰々しく記事として文章にしてみると、ユーザー車検って難しそうと感じるかもしれませんが実際受けてみると、あっけなく出来てしまいます。

いくら業者で車検をしても、マイカーの管理者はユーザーにあります。ボクはユーザー車検を続けることによって車の状態を気に掛けるようになりました。検査の進行具合は他のサイトで詳しく手順が紹介されています。他人任せでスミマセン。

おさらいとしてボクが車検で特に気をつけている項目は下回り検査です。車体が揺れるくらい検査されるからと、普段外側から見えないからです。ガタつきは日頃の運転でわかるかと思います。ブーツ類は見るだけじゃなくて触って確認しましょう。破れていたら車検には通りませんよ。

ここまで読んで下さってありがとうございました。これでまず車検は通ったようなものです。いちど挑戦してみてはいかがですか?

2015年2月20日追記:
先日、16万キロ走行したマイカーをユーザー車検に受けてきました。結果的に車検に通ったもののフットブレーキ検査をした時に1回目に不合格になったのでちょっと報告します。”始めはジワリ。最後は思いっきりかければ車検に通ります”とお伝えしたのですが、今回これで不合格になったのです。2回連続して測定しますので2回目は初めから強く踏み込みました。そうしたら○(合格)のサインが出ました。ガツンと掛けるのはダメなんですが初めから強く掛けたほうがいいかもしれませんね。なんといっても焦らないこと。それが肝心です。




アーカイブ

最近のコメント

人気記事

アーカイブ

最近のコメント

人気記事

-カーライフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

持ち込みタイヤショップを利用してみた

梅雨の時期を前にタイヤを交換することにした。 車種はトヨタのポルテ。タイヤサイズは175/70/14インチだ。 タイヤショップで国産タイヤを交換しようとすると4~6万円するので今回タイヤはネットで購入 …

停車車両を追越したらドアが開いた。結果・・・

  仕事中に嫁さんから電話があった。 「路地を走っていたら介護送迎のワンボックスカーの運転席のドアが開いて自分の運転する乗用車に当たって傷が付いた」という内容だ。

周回遅れ上等!ユピテルのドライブレコーダー DRY-mini1を購入。

最近、対向車がショートカットしてくる事がちょくちょくあるので購入してみた。何もそんなに急がなくってもいいのにね。結構なスピードでこっちに向かって来るのでヒヤリとする。もし衝突したらこの場合どうなるので …